2016年04月30日

工芸の五月 企画展のお知らせ

5月21日より塩尻市の「galle_f」で開催される企画展に参加いたします。
oldmaterialswork2.jpgoldmaterialworks.jpg
↑クリックで拡大します

「古材で遊ぶ〜old materials work」

小久保 隆司  陶房白露(陶・木工)
大深 靖之     BELKA(木工)
藤牧 敬三     Style Galle (木工)
cozy dot.     (写真)

期日:2016.5.21(金)〜5.29(日)10:00〜18:00
場所:galle_f(クラフトギャラリー ガレ・エフ)
アクセスはこちらをご覧ください。

ベルカからはテーブルベンチ、ペンダントライト、壁掛け時計など3点展示いたします。
どうぞお越しください。

ベルカ

posted by ベルカ at 21:11| お知らせ

2016年04月21日

コーヒーをつくる人たち

先日、映画の日に時間があったので、ひさしぶりに東座さんで「A FILM ABOUT COFFEE」という映画を見てきました。

最近は何度目かのコーヒーブームだそうなのですが、この映画は「スペシャルティーコーヒー」とか呼ばれる特別な一杯に関わる人たちを追ったドキュメンタリーとなっています。

image1.jpeg

お店でコーヒーを淹れる人たちの様子も描かれていますが、同じくらい重点を置かれているのがコーヒーを栽培する人たちの作業風景です。
収穫されたコーヒーの実から私たちが見慣れたコーヒー豆になるまでには、現地の人の手作業が必要で、今でも機械化するのは難しいのだそうです。
コーヒー豆をつくる人、選ぶ人、焙煎する人、様々な人の手を経てやっとコーヒーを飲むことができることに、あらためてびっくりしました。

この映画ではいろいろな国の人が出てきますが、日本人とコーヒーの意外な関わりも発見しました。
サイフォン式コーヒーの器具は、原理を発見したのは外国の人なのですが、現在多く使われているものは日本人が開発したものなのだそうです。このへんについては映画ではさらっと語られていたので、詳しく調べてみたいなあと思いました。

また、たくさんのコーヒーショップオーナーやバリスタが紹介される中で、伝説の喫茶店として紹介されるのが、今は閉店してしまった表参道のお店。
お客さんに合わせてカップを選ぶという細やかな気遣いや、きっちりと手順を踏んだ無駄のないコーヒーの淹れ方が日本人らしく、とくに外国の人には崇高なものに映るのかもしれません。

塩尻にもおいしいコーヒーを飲むことができるお店があり、そこで買った豆でコーヒーを淹れるのが最近の楽しみの一つになっています。
いちいち豆を挽いて一杯ずつ淹れるなど面倒くさくて以前は考えられませんでしたが、慣れると苦ではないし、淹れ方によって味が変わるのも面白いです。
こんどは豆が栽培された国に思いをはせながらコーヒーを味わってみようと思います。

N
posted by ベルカ at 19:00| 日記

2016年04月01日

ソファbs-4

神奈川県のお客様からご注文をいただいたソファbs-4を製作しています。
このソファは厚い無垢材から削り出したアームが特徴です。
お客様には実際にこのソファに座っていただき、アームの滑らかな手触りを気に入られてご注文となりました。

bs42-33.jpg
ソファbs-4

現在そのアーム部分を製作し終わったところです。
そのあたりの工程について具体的にご紹介します。

1.jpg
まずは角材の状態でホゾ、ホゾ穴の仕口加工(木組み)をし、おおよその形まで粗く削り出します。
上の写真は仮組みの状態で、各部材同士がしっかりと接合されていますが、まだ接着していません。
この状態から下の写真くらいまで粗削りしてから接着します。

2.jpg
脚の四角い部分を丸くしました。
まだ段差がありますが、このぐらいで接着してしまわないと圧締した時に若干ずれてしまい最終的に滑らかに繋がりません。
半日〜1日間の圧締後、内部の接着剤が乾いたら小刀や鉄工やすりを使って部材同士の境界線を滑らかに繋げていきます。

3.jpg
アームの裏側部分です。こちらは段差をつなげる前です。

4.jpg
滑らかにつながりました。

5.jpg
アームの表側。南京鉋で削っているところです。

6.jpg

7.jpg
サンドペーパーの#240までかけた状態

8.jpg
前脚と後脚をつなぐ貫という部分

目立たない場所ですが、これらの接合部分の作業は手間のかかる仕事です。
ここがいいと思って買っていただくお客様はいないと思いますが、触ってみてなんとなくいいと感じていただければいいなと思います。


大深
posted by ベルカ at 00:19| 家具製作

2016年03月25日

古材を使った家具

少し前まで、古材を使った家具製作に取り組んでいました。
松本市内で毎年催される工芸の五月の一環で、Style Galleの藤牧さんが主催する企画展に参加させていただくことになったためです。

古材ローテーブル.jpg
ベンチとしても使えるローテーブル。
色々な材種の古材を組み合わせて作りました。

古材ローテーブル2.jpg

このテーブルベンチの他、ウイスキーの樽材を使ったペンダントライトや割れが入った楢の古材で作った時計など、3点ほど製作しています。
普段の仕事ではまずやらないような事に取り組んでいるので、今後の家具製作の良い刺激となりそうです。

イベントが近づいたら詳細を掲載しようと思います。


大深

posted by ベルカ at 22:39| 家具製作

2016年01月25日

初めての仏壇

昨年の夏頃のことですが、あるお客様から仏壇製作のお問い合わせをいただきました。

これまで仏壇を作ったことがなく、最初はお引き受けするかどうか少し迷いました。
話をお聞きすると、お客様が探されている仏壇はいわゆる伝統的なタイプのものではないとのこと。既存の造り付け家具内に設置し、お部屋の雰囲気に溶け込むものを希望されているので、それであればこれまでの応用がきくと思いお打ち合わせをさせていただきました。

工場にある在庫の家具をご覧いただいたところ、形については全面的に任せていただくことになり、ご予定も変更してかなりのお時間を頂くことにもご了承いただけました。

設計するにあたり、仏壇についてほとんど知識がなかったので、まずは一般的な仏壇の機能などを調べることから始めました。
幸い、普段から仏壇を作っている腕の良い職人が友人にいるため、彼に技術的なことや様式の事など色々と相談に乗ってもらい進めることができました。

以下は製作途中の写真です。

本体は隠し蟻という技法で接合しました。

 
左の写真から右の写真のように組まれます。一度組んで接着してしまえば隠れて見えない部分ですが、内部のアリ組みがゆるいと外側に隙間ができるし、なにより強度的に意味がありません。
逆にキツすぎると板が割れてしまうのでそのさじ加減が難しいのです。


接着前の仮組みの状態


ダウンライト用のスイッチは欄間の裏の目立たない場所に取り付けます。
電気の配線は普段滅多にやらないので試行錯誤しながらでした。

今回特に時間がかかったのは折れ戸と一体になった取っ手です。

仏壇の顔なのでアクセントになる必要はあるけれど、あまり大げさな感じにはしたくありません。指にフィットするように原寸大で試作を重ねました。


出来上がった仏壇
光背に使ったイタヤカエデは杢が出ているものを選んだのでライトをつけた時に絹目のように輝きます。
この仏壇は高い位置に設置するため、通常仏壇内部にあるスライド式の膳引き(火立てなどを置く部分)を仏壇の一番下の台輪という部分に配置しました。これはお客様のアイデアです。
また、仏壇の扉は普段開いたままの状態なので、本体の両脇(扉で隠れる部分)に別途小物入れの棚を設置し有効利用することにしました。
HPにも掲載しました。→(http://belka-kagu.com/product/cabinet/odalt/odalt.html

納品した際にはこれまで経験がないほど喜んでいただき、この仕事をやっていて良かったと久々に思うことができました。


オオフカ
posted by ベルカ at 21:44| 家具製作
Powered by さくらのブログ