2016年03月25日

古材を使った家具

少し前まで、古材を使った家具製作に取り組んでいました。
松本市内で毎年催される工芸の五月の一環で、Style Galleの藤牧さんが主催する企画展に参加させていただくことになったためです。

古材ローテーブル.jpg
ベンチとしても使えるローテーブル。
色々な材種の古材を組み合わせて作りました。

古材ローテーブル2.jpg

このテーブルベンチの他、ウイスキーの樽材を使ったペンダントライトや割れが入った楢の古材で作った時計など、3点ほど製作しています。
普段の仕事ではまずやらないような事に取り組んでいるので、今後の家具製作の良い刺激となりそうです。

イベントが近づいたら詳細を掲載しようと思います。


大深

posted by ベルカ at 22:39| 家具製作

2016年01月25日

初めての仏壇

昨年の夏頃のことですが、あるお客様から仏壇製作のお問い合わせをいただきました。

これまで仏壇を作ったことがなく、最初はお引き受けするかどうか少し迷いました。
話をお聞きすると、お客様が探されている仏壇はいわゆる伝統的なタイプのものではないとのこと。既存の造り付け家具内に設置し、お部屋の雰囲気に溶け込むものを希望されているので、それであればこれまでの応用がきくと思いお打ち合わせをさせていただきました。

工場にある在庫の家具をご覧いただいたところ、形については全面的に任せていただくことになり、ご予定も変更してかなりのお時間を頂くことにもご了承いただけました。

設計するにあたり、仏壇についてほとんど知識がなかったので、まずは一般的な仏壇の機能などを調べることから始めました。
幸い、普段から仏壇を作っている腕の良い職人が友人にいるため、彼に技術的なことや様式の事など色々と相談に乗ってもらい進めることができました。

以下は製作途中の写真です。

本体は隠し蟻という技法で接合しました。

 
左の写真から右の写真のように組まれます。一度組んで接着してしまえば隠れて見えない部分ですが、内部のアリ組みがゆるいと外側に隙間ができるし、なにより強度的に意味がありません。
逆にキツすぎると板が割れてしまうのでそのさじ加減が難しいのです。


接着前の仮組みの状態


ダウンライト用のスイッチは欄間の裏の目立たない場所に取り付けます。
電気の配線は普段滅多にやらないので試行錯誤しながらでした。

今回特に時間がかかったのは折れ戸と一体になった取っ手です。

仏壇の顔なのでアクセントになる必要はあるけれど、あまり大げさな感じにはしたくありません。指にフィットするように原寸大で試作を重ねました。


出来上がった仏壇
光背に使ったイタヤカエデは杢が出ているものを選んだのでライトをつけた時に絹目のように輝きます。
この仏壇は高い位置に設置するため、通常仏壇内部にあるスライド式の膳引き(火立てなどを置く部分)を仏壇の一番下の台輪という部分に配置しました。これはお客様のアイデアです。
また、仏壇の扉は普段開いたままの状態なので、本体の両脇(扉で隠れる部分)に別途小物入れの棚を設置し有効利用することにしました。
HPにも掲載しました。→(http://belka-kagu.com/product/cabinet/odalt/odalt.html

納品した際にはこれまで経験がないほど喜んでいただき、この仕事をやっていて良かったと久々に思うことができました。


オオフカ
posted by ベルカ at 21:44| 家具製作

2015年04月29日

クラフトフェアまつもと2015出展のお知らせ

5月30日(土)から31日(日)の2日間、松本市にて行われるクラフトフェアまつもとに出展いたします。

日時:5月30日(土)午前11時〜午後5時
5月31日(日)午前9時〜午後5時
場所:松本市・あがたの森公園
※地図はクラフトフェアまつもと2015のページをご覧ください。

ここ何年か、クラフトフェアに参加させていただく際には南側の森の中に出展していたのですが、今年はレンタルテントのため正面入り口通路に出展予定です。(追記:東側のグラウンドそばのテントになりました。)
いつもひっそりと出展しているため場所が分からず帰られる方もいらっしゃるのですが、今年は見つけやすいのではないかと思います。正確な場所は、当日本部近くのマップに掲示される予定です。

当日は雨天決行になっています。近年は晴れの日も多いですが、雨具を用意されると安心だと思います。

会場周辺には駐車場がありませんので、できるだけ公共交通機関でお越しください。
毎年恒例の乗り放題バスも、今年は500円で運行されるようですので、そちらを利用されると便利です。

松本周辺を観光がてら、ベルカのブースにもお越しいただければうれしいです。


昨年度好評だったスープボウルも販売する予定です。


ベルカ
posted by ベルカ at 21:37| お知らせ

2015年01月02日

2015年1月の展示会のお知らせ

今年初めての更新となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

展示会のお知らせです。
1月14日より小田急新宿店にて開催される展示会に、高山家具さんと共に出展いたします。
お時間がありましたら、どうぞお越しください。

日程:2015年1月14日(水)〜1月20日(火)
時間:午前10時〜午後8時(最終日は午後6時まで)
場所:小田急新宿店・8階家具売り場イベントスペース


ベルカ
posted by ベルカ at 21:36| お知らせ

2014年12月24日

最近作った家具

家具製作の記事が少ないのでたまには載せてみようと思います。
部分的にしか撮っていませんが、以下の写真は先日まで手がけていた家具の製作の様子です。
家具は、洗面室で使う用途のキャビネットです。


今回はこのくらいの量の木材を使いました。
1/3くらいは木屑となってしまいます。


扉にはめ込まれる板を鏡板と言いますが、今回は鏡板をブックマッチという方法で作りました。
1枚の木を半分に割って本の見開きのように合わせると、対象になった木目の鏡板を作る事が出来ます。
↑は半分に割っている所です。
↓は割った直後。


木は、外側と内側とで含んでいる水分に差があります。
板を割った場合、水分を多く含んでいる内側が外気に触れることで急激に乾燥が進み、板が大きく反ってしまう事が多いです。
そこで、板を割ったらすぐに重石を乗せて、反りが出ない状態をキープしつつ乾燥させます。この手間を省くと後で失敗する事があります。


乾燥が終わったら2枚の板を接着します。


出来上がった鏡板


上の写真は扉の角部分にはめ込まれた丁番です。
このタイプの丁番は丁番の形ぴったりに彫り込まなければならず、家具本体に対する扉の取り付け位置をあとで調整することができないので加工精度が必要です。


扉に取り付ける予定だった取っ手は、取り寄せてみると思っていた感じとかなり違っていたので、自分で加工して形や大きさを変えてみました。
この作業によって予定よりも多く時間がかかってしまいましたが、満足する物に仕上がりました。


完成したキャビネット
詳細はHPにアップしました。→(http://belka-kagu.com/product/cabinet/odcb3/odcb3.html

オーダーのお話を頂いてから随分と長い間お待ちいただいたのですが、お送りした家具をご覧頂いたお客様から大変気に入って頂いたとのご連絡がありホッとしました。

オーダーを頂くお客様の大半はHPからのお問い合わせか、展示会で知り合った方ですが、たまに知り合いの方からもご注文を頂きます。
今回のお客様は僕が小さな頃、近所に住んでいたKさん。
30年くらい昔のことなのに、庭先でいつも亀の世話をしていたであろう僕のことを覚えていてくれたのです。
頭の中は近所の川にいる生き物のことばかりだった当時の僕も、Kさんが難関資格を目指している苦学生だったこと、僕によく声をかけてくれていたことは覚えていました。

今年も残りあと数日となってきました。
来年1月の展示会の準備などで今回の正月も休み返上になりそうです。


オオフカ
posted by ベルカ at 00:00| 家具製作
Powered by さくらのブログ