2016年12月15日

折敷とスツール@

7年ほど前から毎年何かしらベルカの商品を買ってくださる常連のお客様がいらっしゃいます。
今年もスツールbst-2とセミオーダーの折敷を注文いただきました。

折敷2.jpg
折敷は5年ほど前に商品化していたもののHPに掲載していなかった商品です。オリジナルのサイズは30センチ幅×43センチですが、今回は15センチ幅×45センチの細長いタイプで直接お料理を盛り付ける用途でオーダーをいただきました。
去年すでに一つ納品させていただいたのですが、気に入っていただきブラックウォールナット材での追加注文です。

工程としては、まず材料を仕上がりの厚みより5〜6ミリくらい厚い状態にし、1ヶ月以上乾燥させます。
乾燥が終わったら、仕上がり一歩手前の厚さに板を加工し、板同士を耐水性のある接着剤で接着して一枚の盤にします。
今回はチェリー材と山桜材でオリジナルサイズの折敷も一緒に製作しました。
IMG_8876.JPG
接着前

IMG_8902.JPG
接着中。この後規定の厚さに仕上げます。

無垢材は空気中の水分の影響を受け絶えず伸縮を繰り返しています。
折敷の両端には反り止めの桟がつきますが、板の伸縮を完全に止めてしまえば板が割れてしまうので、伸縮を妨げないように反り止め桟と板は片アリという方法で接合します。
IMG_9007.JPG
アリ溝の穴加工が終わった反り止め桟

/IMG_9010.JPG
次に板の両端にアリを作ります。↑はアリ加工時にバリが出ないように予め繊維を断ち切っているところです。

IMG_9020.JPG
アリ型をした高速回転する刃物でアリ加工。少しずつ慎重に削ってはアリ溝にあてがい、ちょうど良い締め込み具合になるまで繰り返します。

IMG_9023.JPG
板に反り止め桟を差し込んだ状態。叩き込んでやっと入るくらいキツく接合されています。
それでも将来的にゆるくなって取れてしまわないように伸縮を妨げない位置に裏側から竹釘を打っています。

IMG_9046.JPG
↑面取りをしたもの。両端の桟の裏側には指が入りやすいように斜めにカットしています。
この後、水拭き→研磨を数回繰り返して将来的に毛羽立ちが出ないようにし、最後に塗装をして完成です。

IMG_9492.JPG
長くなってしまったのでスツールは次回の記事にします。


大深

posted by ベルカ at 22:43| 家具製作

2016年07月05日

ダイニングチェアbcd-3

先日、ダイニングチェアbcd-3を県外のお客様のお宅に納品してきました。

1.jpg
この椅子はウィンザーチェアという17世紀からあるタイプの椅子で、ほとんどの部材が旋盤(ロクロのような機械)で作った棒で構成されているのが特徴です。

途中から写真を撮ったので、最も手間のかかる座面を彫る過程は紹介できません。
2mini.jpg
大雑把な工程ですが、まずは座面用の厚い板に型板を使って墨付けをし、スピンドルという背もたれの棒が入る穴や脚が入る穴をドリルで開けます。一本ずつ角度が違うので間違えないように慎重に開けます。

次に座面を専用の反り鉋で彫り、外周を成形したりします。上の写真は脚を打ち込んで接着した後です。
脚は座面の下から差して込んで、ホゾを貫通させた状態で座面の上からクサビを打ち込んでいるので脚が抜けにくい構造です。
完成すれば、クサビは↓の写真のようにアクセントになります。
_1012605o2.jpg

5mini.jpg
↑スピンドルという部材。この椅子は座面以外全ての部材にあえてカンナの削り跡をつける仕上がりにしています。
ベルカで作っているほとんどの製品はツルツルになるまで時間をかけて研磨した物が多いので、意外とこういったタイプの仕上がりのほうが手間としてはかなり楽です。

3mini.jpg
背もたれの一番上に着く笠木という部材にドリルで穴あけをしています。座面に開けた穴とは角度が違います。
初めて試作をした際には、何か色々と慣れない数式を使って角度を導き出した覚えがあります。

4mini.jpg
笠木への穴あけが終わったら、仮組みをします。

6mini.jpg
仮組して問題が無ければ先ほどの笠木を成形します。これも小ガンナや南京鉋を使って削り跡を残しつつ滑らかな曲線に仕上げます。

7mini.jpg
↑組み終わってオイルで仕上げた状態。
この椅子はクッションを敷かなくても疲れないというコンセプトの元に試作を重ね完成しました。
お尻と腰へのフィット感には自信があります。工場には試座用の椅子を常時用意していますのでダイニングチェアを探されている方はどうぞお気軽にご連絡ください。


大深
posted by ベルカ at 21:27| 家具製作

2016年06月15日

パン屋さんとコーヒー豆屋さん

最近なにかとバタバタしていたのがやっと落ち着いてきたので、クラフトフェアで買っておいしかったチーズケーキのお店に行ってみることにしました。

買った時にお店の名前を確認するのを忘れてしまい、ネットでいろいろ調べたところ、松本にあるフォルコーンというパン屋さんだということがわかりました。
お客さまから教えていただいたコーヒー豆屋さんも近かったので、仕事がお休みの日に出かけてみました。

お店についたのはお昼どきだったので、ランチのカレーセットとキッシュのセットを注文し、待つあいだパンを選んでいました。フォルコーンというのはドイツ語で「穀物」という意味なのだそうです。

IMG_6366-2.jpg

IMG_6355.jpg
ドイツパンを中心に、どっしりした感じのパンが置いてあります。

キッシュのセットにはブロッコリーのスープつき。どちらもやさしい味で、見た目よりもお腹にたまりました。
カレーも家では作れない感じの味でおいしかったです。
IMG_6362.jpg

チーズケーキはお持ち帰りできるとのことで、家に帰ってからいただきました。
見た目にもみっしりと詰まっていて、食べると素朴でよけいな味がしないけれど、素材の良さが伝わってきます。
IMG_6367.jpg

ちなみにコーヒー豆屋さんは店内がイチロー一色という不思議なお店ですが、豆を選ぶ際に1人1杯試飲をさせていただけます。
少ししか買わないのでなんだか申し訳ない気持ちになりました。また買いに行こうと思います。

IMG_6374.jpg
コーヒーを淹れてチーズケーキと一緒にいただきましたが、くせがなく飲みやすいコーヒーでした。
焙煎したての豆を売っているそうで、その証拠に挽いた豆を蒸らすときにすごく盛り上がりました。

〒390-0815 長野県松本市深志3-8-19
OPEN 11:00〜18:00 
CLOSED 木曜日・第3金曜日、年末年始 ※臨時休業あり


それぞれこだわりのあるお店で、お仕事の上でもいろいろと参考になりました。
久しぶりに休日らしくすごし、日ごろの疲れがすこしとれた気がしました。

N
posted by ベルカ at 22:36| 日記

2016年05月04日

クラフトフェア出展のお知らせ

5月に開催される「クラフトフェアまつもと」に出展いたします。

「クラフトフェアまつもと」
期日:2016.5.28(土)11:00〜17:00
29(日)9:00〜17:00
場所:あがたの森公園(長野県松本市県3-1-1)
アクセスはこちらのページをご覧ください。

クラフトフェア2016 DM.jpg

今年で6回目の出展となります。
例年、会場周辺はとても混みあっていますので、公共交通機関でのご来場がおすすめです。

どうぞお越しください。

ベルカ
posted by ベルカ at 14:12| お知らせ

2016年05月02日

家具製作

毎年この時期が1年で最も忙しい時期です。
4月から6月にかけては展示会やイベントが多いのと、お問い合わせやご注文もこの時期に集中するためです。
今月いっぱいは上高地の某ホテル客室に収める諸々の家具製作と、クラフトフェアまつもとで展示販売する商品の製作を同時進行で進めています。

アルペンホテル.jpg
ホテルの客室用テーブルの部材

皿.jpg
クラフトフェア用の器。粗彫り後、乾燥をさせています。
これから仕上げ彫りに入ります。

今回は新作などを含め展示する商品の種類を増やしたり、購入していただいたお客様に喜んでいただくように色々と工夫する予定ですが、逆算すると当日までに間に合うかどうかの瀬戸際の状態です。

ついでに先日作り終えた家具も紹介します。
カフェ2.jpg
倉敷市のお客様からご注文頂いたナラ材の3本脚円形カフェテーブル
天板は汚れがつきにくいように、下地にウレタン塗装を施した上にオイルフィニッシュで仕上げています。
もともとはフルオーダーメイドの商品ですが、定番商品にしました。


IMG_5829o.jpg
これは接着している途中の写真ですが、完成すると↓のようになります。

キッチン2.jpg
川崎市のお客様からご注文頂いたチェリー材のキッチンテーブル。
オリジナルのキッチンテーブルのセミオーダーです。
可動式の棚板を1段増やし、立ち仕事がしやすいように高さも高く変更しました。
こちらも使用される状況を考慮して天板についてはウレタン塗装にしています。

キッチン5.jpg
ウレタン塗装は汚れに強いうえ、メンテナンスもしなくて良いという利点がありますが、どうしても人工的な質感になってしまいます。
そこで、ベルカではウレタン塗装前に特殊な処理をすることによってオイル塗装特有のしっとりした濡れ色を出しています。今後もテーブル類に関してはこの塗装方法でやっていく予定です。


A.jpg
これは試作品ですが、折りたたみ式アイロン台。
横浜市のお客様からご依頼いただいたもので、試作完成までに半年以上もお待ちいただきました。
高さは2段階に調整でき、天板後部には特注で作ったステンレス製のアイロン置き台も付いています。
来月完成予定です。
B.jpg


大深
posted by ベルカ at 21:59| 家具製作
Powered by さくらのブログ