2017年01月29日

上映スペースのためのテーブル

2017年はベルカを開業して10周年を迎え、11年目に入ります。
まだ達成できていない目標が多くありますが、応援していただいたお客様や関係者の支えでこれまで続けてこられました。
今後ともベルカをよろしくお願いいたします。

昨年の話になりますが、民俗学系の映画を製作されているささらプロダクションさんから、上映スペースに設置するテーブルを大小複数台オーダーいただきました。
既存のイージーチェアの高さに合わせたテーブルの設計ということもあり、事前に現場へお伺いさせていただき採寸をしたり協議しながら1センチ単位で各々のテーブルのサイズを検討していきました。

1.JPG
天板は何枚かの板をはぎ合わせて作りますが、今回は運よく幅広のチェリー材を多く入手することができたので、全てのテーブルを3枚ハギで製作することができました。
1枚板のテーブルが最も素晴らしいとは言いませんが、はぎ合わせる枚数が少ないほど無垢材特有の存在感や表情の豊かさは増していくと思います。

2.JPG
板をはぎ合わせる際には、互いの板に溝を掘って「雇いサネ」という木を入れる「雇いサネはぎ」をしています。
今回雇いサネにはウォールナットを使いました。

_B020285-4.jpg
仕上がった状態のテーブルです。強度を増すための雇いサネが黒いポイントとして意匠的に表れています。雇いサネのような根拠があるデザインが個人的には好きです。

3.JPG
はぎ合わせて接着をしているところ

ホゾA-1.jpg
↑は脚と脚をつなぐ幕板という部材で2方向から脚に差し込まれます。
テーブルのサイズに合わせて脚の太さを変えているため、テーブルごとに構造は少し違います。
大きなテーブルであったり、太い脚で長いホゾが作れる場合はこのように2枚ホゾにすることが多いです。

ホゾA-2.JPG
当然、脚の中に入ってしまえば見えない部分です。

ホゾB.JPG
それほど大きくないテーブルで細い脚の場合だと長いホゾが作れないため、↑のように脚の内部でほぞ同士を組む構造にしています。

完成したテーブル↓
正面.jpg
サイズ:2400×800高さ660ミリ ブラックチェリー材 ウレタン塗装
_B020072.jpg
_B020086.jpg
ベルカではテーブルに関してはウレタン塗装をお勧めしています。
ウレタン塗装であってもオイル塗装のような濡れ色っぽい質感を出す特殊な塗装方法をしています。


大深
posted by ベルカ at 18:09| 家具製作

2016年12月21日

折敷とスツールA

前回の続きで、スツールbst-2についてです。
これはベルカを開業したての頃、あるお客様からのオーダーがきっかけで開発した商品です。

odstl1-22.jpeg
スツールbst-2

1.jpg
まずは角材の状態の脚にホゾ穴をあけます。丸脚なので↓の写真の貫(脚と脚とを繋ぐ部材)が数ミリほどそのまま脚の中に入る穴を開け、さらにそこからホゾが入る穴を開けます。精度良く加工すれば強度的には強いです。

2-2.JPG
次に貫にホゾ加工をします。脚の割れ防止や強度的な理由から2段にしています。

4.jpg
このように加工して貫同士をクロスさせると

5.JPG
このようになります。クロスさせている部分はクリ小刀を使い綺麗につながって見えるように削り合わせます。

6.JPG
ホゾ穴を開けた角脚を丸脚に加工します。
旋盤というロクロのような回転する機械を使い、高速回転する脚材に専用の刃物を当てて削っていきます。
昔はホゾ穴が空いたままの材を旋盤で削ると失敗して台無しにすることもありましたが、数をこなして慣れたので今はもう失敗することはありません。
7.jpg
丸脚に貫を差し込むとこのようににつながります。

9-2.jpg
↑接着した状態。ちなみに、このクロスさせる構造はそこまでの強度はないので、最終的に座面に埋め込んだ専用のナットに向かって貫の下側からボルトで接合することで強度を保っています。スツール以上の高さや大きさがある物には別の構造で作る必要があります。

ここからが少し手間のかかる作業です。
座面はお尻になるべくフィットするように湾曲しています。
脚と貫のセットは座面の裏側に接合されるので、脚貫の上部は座面裏の曲面にぴったり合うようにしなければいけません。
13.JPG
最終的な仕上がりはこのようになります。

脚と貫の上部は計算上出した角度であらかじめ角度をつけて切り落としていますが、現物にあてがうとまず合っていません。
そこで座面裏に荒い番手のサンドペーパーを貼り付けてゴシゴシと脚貫セットを削っていきます。この作業が地味に時間がかかります。
8.JPG
何かもっと効率的な方法がないかと作るたびに考えますが、今のことろこのやり方にしています。

10.JPG
座面の曲げ木加工では自作の木型を使いプレスして作ります。
年々改良してきたので最近は精度が出る木型になってきました。

11-1.jpg
次に座面作りです。ベルカでは縫製がなければ椅子張りもやっています。
座面はファブリック張りで、内部には2種類のクッション(当たりが柔らかい素材と耐久性がある素材)を張り付けています。
↑の写真では専用の接着剤を塗ったところなので青い色がついています。


11-2.JPG
座面表側に先ほどのクッション材を張り付けてひっくり返した状態

12.jpg
椅子生地を張った座面裏側。楕円形で曲面がきついので裏側にシワが出ないよう布のひっぱり具合を調整しながら溝にタッカーの針を打っていきます。タッカーの針が見えると残念なのでロープを回してきれいに仕上げています。

odstl1-55.jpg
ウォールナットでの作例。
今回作ったスツールは初期の作品であまり効率的でない構造をしています。
時間をかけている部分は見えないところばかりでパッと見では特徴のないシンプルなスツールです。
最近はもう少し手間をかけている部分がお客さんに伝わる製品にしなければと意識が変わりました。

IMG_9476.JPG
お送りしたところ折敷ともにとても喜んでいただけました。


大深
posted by ベルカ at 09:39| 家具製作

2016年12月15日

折敷とスツール@

7年ほど前から毎年何かしらベルカの商品を買ってくださる常連のお客様がいらっしゃいます。
今年もスツールbst-2とセミオーダーの折敷を注文いただきました。

折敷2.jpg
折敷は5年ほど前に商品化していたもののHPに掲載していなかった商品です。オリジナルのサイズは30センチ幅×43センチですが、今回は15センチ幅×45センチの細長いタイプで直接お料理を盛り付ける用途でオーダーをいただきました。
去年すでに一つ納品させていただいたのですが、気に入っていただきブラックウォールナット材での追加注文です。

工程としては、まず材料を仕上がりの厚みより5〜6ミリくらい厚い状態にし、1ヶ月以上乾燥させます。
乾燥が終わったら、仕上がり一歩手前の厚さに板を加工し、板同士を耐水性のある接着剤で接着して一枚の盤にします。
今回はチェリー材と山桜材でオリジナルサイズの折敷も一緒に製作しました。
IMG_8876.JPG
接着前

IMG_8902.JPG
接着中。この後規定の厚さに仕上げます。

無垢材は空気中の水分の影響を受け絶えず伸縮を繰り返しています。
折敷の両端には反り止めの桟がつきますが、板の伸縮を完全に止めてしまえば板が割れてしまうので、伸縮を妨げないように反り止め桟と板は片アリという方法で接合します。
IMG_9007.JPG
アリ溝の穴加工が終わった反り止め桟

/IMG_9010.JPG
次に板の両端にアリを作ります。↑はアリ加工時にバリが出ないように予め繊維を断ち切っているところです。

IMG_9020.JPG
アリ型をした高速回転する刃物でアリ加工。少しずつ慎重に削ってはアリ溝にあてがい、ちょうど良い締め込み具合になるまで繰り返します。

IMG_9023.JPG
板に反り止め桟を差し込んだ状態。叩き込んでやっと入るくらいキツく接合されています。
それでも将来的にゆるくなって取れてしまわないように伸縮を妨げない位置に裏側から竹釘を打っています。

IMG_9046.JPG
↑面取りをしたもの。両端の桟の裏側には指が入りやすいように斜めにカットしています。
この後、水拭き→研磨を数回繰り返して将来的に毛羽立ちが出ないようにし、最後に塗装をして完成です。

IMG_9492.JPG
長くなってしまったのでスツールは次回の記事にします。


大深

posted by ベルカ at 22:43| 家具製作

2016年11月29日

宮城への旅

先日、はじめて宮城県に行ってきました。

東北に行くこと自体はじめてだったので、どんな寒い所かと思っていましたが、長野のほうがよっぽど寒かったです。

せっかく海の近くにきたので、フェリーに乗って松島観光をすることにしました。

ブログ1.jpg

ブログ3.jpg

ブログ2.jpg

フェリー乗り場には2階建てのフェリーがとまっていました。
1番人気の仁王丸という船のようです。
でもどうやら私が予約した松島〜塩竈行の乗り場はここではないです。
ブログ4.jpg
こっちに乗りたい気もしますが、すごく混んでいます。

ブログ5.jpg
小さいですが、空いてるので好きな席に座れます。
ワンマン運転で、運転する人がガイドもしてくれるようです。

ブログ6.jpg
この日はすごい波で、結構ゆれました。

運転士兼ガイドさんが各島の説明をしてくれます。
震災時にはたくさんの島が防波堤のような役割を果たし、到達した津波はだいぶ低くなったそうです。
ただ、島は削られて形が変わったり、松が枯れてしまったものもあったとおっしゃっていました。
ブログ7.jpg
四つの穴が開いている鐘島。

ブログ8.jpg
仁王島。仁王さまの頭っぽく見える部分が落ちそうになったので、首のところを補修してあるそうです。
ガイドの方曰く、お金がなくてあまり上手に直せていないとのこと。

1時間弱くらいで塩竈に到着しました。
陸からも松島は見えますが、船酔いがだいじょうぶならフェリーで巡るのも面白いです。

ブログ10.jpg
塩竈神社。


ちょうど紅葉していました。

宿泊は仙台でしたが、程よく都会で、文化施設も多くあり、ちょうど良いサイズの街でした。
ブログ12.jpg
せんだいメディアテーク。図書館やギャラリーのほか、おしゃれ雑貨が売っているショップもあります。

今回の一番の目的は、ずっと行きたかった「火星の庭」というブックカフェに行くことです。
実はちょうど定休日にあたる曜日でしたが、たまたま祝日だったので開いていました。
ブログ9.jpg
入口の均一棚も整然と並んでいます。

お店は古書店が半分、カフェが半分という感じで、カフェ利用のお客さんもけっこうたくさんいました。
蔵書は民俗学、美術関係、文学関係など幅広いですが、なんとなく硬派な感じの品ぞろえで、欲しい本がたくさんありました。

長野からはちょっと遠かったですが、とてもいい所でした。

N
posted by ベルカ at 15:38| 日記

2016年07月20日

猫の島

先日、岡山からフェリーに乗って男木島というところに行ってきました。

男木島はのら猫が増えすぎて住民を超える数になってしまい、すべての猫に不妊手術をするとのことで最近話題になった島です。

メオン2.jpg
高松〜男木島のフェリー。

岡山の玉野港から男木島へは、高松を経由して約2時間弱。
玉野〜高松間のフェリーでは、うどんが食べられたり、お風呂に入れたり、酔わない人には楽しい船旅です。

おぎじま9.jpg
フェリーから見える男木島。

おぎじま8.jpg
男木島はアートにも力を入れているらしく、島内に様々な作品を展示したスポットがあるようです。

まずはフェリー乗り場から比較的近い豊玉姫神社を目指すことにしましたが、坂が急なうえ、ものすごい暑さで、ちょっと歩くだけで汗だくになります。

おぎじま2.jpg
豊玉姫神社。

神社につくまで猫に会うことはなかったのですが、日陰ですずしいせいか、神社の守り神のような猫がいました。
おぎじま1.jpg
顔が般若の猫。

おぎじま3.jpg
近くにいた兄弟っぽい猫。

彼らは完全に野良なので、ちょっと触ろうとすると血が出るほどたたいてきます。


猛暑のせいか思っていたほどたくさんではありませんが、歩くとちょこちょこ猫に出くわします。
おぎじま4.jpg

おぎじま6.jpg

おぎじま7.jpg

ogijima.jpg

ogijima5.jpg
男木島の猫たちが増えた原因の一つは観光客の餌やりだそうです。なので注意を促すこのようなポスターが貼られています。

港に戻ると、どうぶつ基金という団体の方が、地域猫を増やさないための活動についてPRしていました。
冒頭の看板にある「さくらねこ」というのは、不妊手術をしたしるしを耳に入れた猫のことだそうです。
この方たちは全国各地でTNR(捕まえて不妊手術をして戻す)という活動をしていて、そのおかげもあって猫の殺処分件数は劇的に減ったそうです。

うちの近所にも野良猫がたくさんいて、ついこの間はその中の誰かが家の裏に子猫を生んでしまいました。
基本的に野良猫には関わらないことにしているのですが、赤ちゃんとはいえ生き延びたらまた子供を産むので、やむを得ず保護しました。
この子たちは必ず不妊手術をしてくれる方に譲ろうと思っているので、少しは野良猫を減らす手伝いができたかなあと思っています。

koneko2.jpg

こねこ1.jpg

野良出身ですが、人慣れしてとてもいい子です。
室内で大事に飼っていただける方を探しています。
いい人にもらわれるとよいです。
(追記:子猫たちはすべてもらってくださる方が決まりました。)


N
posted by ベルカ at 21:54| 日記
Powered by さくらのブログ