2018年10月08日

展示会のお知らせ gallery Doma

展示会のお知らせです。

10月9日より、gallery Domaにて開催される「Domaの冬支度」に出展いたします。
_1230203.jpg
_1230192.jpg


【会場】gallery Doma 東京都練馬区練馬1-26-2
【会期】10/9(火)〜21(日) 
OPEN 11:00 ─ CLOSE 19:00  
※15日はお休み 
※日曜日・最終日はPM4:00迄

色々な作家さんと共に出展しますが、今回ベルカはコードリール付きペンダントライトセットを数点展示販売致します。
お近くにお越しの方は、どうぞお立ち寄りください。


ベルカ
posted by ベルカ at 22:21| お知らせ

2018年07月20日

展示会のお知らせ 日本橋三越本店

展示会のお知らせです。

8月15日より、日本橋三越本店にて開催される展示会に出展いたします。

1_統合2.jpg

【会場】日本橋三越本店 本館5階スペース#5
【会期】8/15(水)〜21(火)

ソファ、ダイニングテーブル、ダイニングチェアや食器類を中心とした小物を展示販売致します。
お近くにお越しの方は、どうぞお立ち寄りください。


ベルカ
posted by ベルカ at 17:33| お知らせ

2017年04月27日

クラフトフェアまつもと出展のお知らせ

松本市・あがたの森公園で行われる「クラフトフェアまつもと」に出展させていただきます。

日時:5月27日(土)11:00〜17:00、5月28日(日)9:00〜17:00
あがたの森公園 長野県松本市県3-2102-4

近隣には駐車場がなく、車も混みあっていますので、公共交通機関でのご来場がおすすめです。

1小サイズ.jpg

今年も貸テントでの出展になりますので、正確な場所は当日本部近くのマップに掲示されます。
場所が分かり次第こちらにも掲載するつもりです。

皆さまのお越しをお待ちしています。


※5月27日 追記
あがたの森食堂の西側に出展しています。


ベルカ
posted by ベルカ at 08:18| お知らせ

2017年03月10日

展示会のお知らせ

展示会のお知らせです。

3月23日より、山形村のアイシティ21にて開催される「第11回 木のあるくらし展」 に出展いたします。


【会場】アイシティ21 1階モール (長野県東筑摩郡山形村7977 お問い合わせ:0263-98-4521)
【会期】3月23日(木)〜28日(火)  営業時間 10時〜20時  最終日19時まで
【主催】木のあるくらし展実行委員会・信州木工会


ベルカでは、ダイニングセットやソファなどを展示・販売予定です。
お近くにお越しの方は、どうぞお立ち寄りください。

ベルカ
posted by ベルカ at 22:21| お知らせ

2017年03月02日

遠藤周作

毎月1日は映画が安くみられる日ですが、先日ちょうどお休みと重なったので、「沈黙」を観てきました。

母がなぜか遠藤周作を好きだったらしく、我が家にもいくつか本があったのですが、エッセイばかりで小説はあまり読んだことがありませんでした。
エッセイを読む限り、悪ふざけばかりしている変なおじさん、という感じだったのですが、小説のほうはキリスト教を題材にした重いテーマのものが多く、「沈黙」も昔読んだときはよく分からず挫折してしまいました。
年をとってから読み直してみたところ、キリスト教という大きいテーマだけではなく、出てくる人たち一人ひとりの弱さや葛藤が伝わってきて、人間の心を書いた話として面白く読むことができました。

IMG_0230.JPG
原作本

その「沈黙」が外国人によって映画化されるということで、監督がマーティン・スコセッシであるとか、日本人の有名な俳優さんも大勢出るとか、色々な意味で楽しみにしていました。

実際に見てみたところ、思ったより原作に忠実なのにびっくりしました。
日本人の俳優さんは日本語でしゃべる場面も多かったのですが、全く不自然でなく、セリフにだいぶ日本人スタッフや俳優さん自身の手が入っているのではないかと思われました。
また、外国映画で日本文化を描くと、なんだかおもしろいことになってしまうことが多いと思うのですが、変に日本っぽさが強調されるようなこともなく、映像としてすんなりと入ってきました。
そういった部分は監督がだいぶ気を使ったのではないかと思います。

俳優さんたちについては、あの人がこんなところに!みたいな感じで楽しめる部分もありましたが、特にすごいなあと思ったのは塚本信也とイッセー緒方の演技です。
塚本さんは観終わってからこの人だったかと気づいたくらい役にはまっていたし、イッセーさんはまさに怪演、という感じで築後守のしたたかさとかいやらしさを出していました。

作品としては結末が若干違う印象を受けたこともあり、小説のほうが心に残りましたが、とても丁寧に作られた映画だなあと思いました。

N
posted by ベルカ at 15:50| 日記
Powered by さくらのブログ