2012年04月15日

きのこ切手展

帰省したついでに東京に寄り、目白の切手の博物館に出かけてきました。
切手の博物館は以前にも訪れたことがあるのですが、今回はなんとキノコ切手展を開催しているとのこと。



展示コーナーは小さいのですが(まあ切手自体が小さいので)、世界から集められた切手を毎回テーマごとに展示していて見飽きません。
以前行った時の展示は「読書の楽しみ」で、これも面白かったです。

今回の展示では様々なキノコ切手を『キノコを知ろう』、『いろいろな傘』、『いろいろな柄(え)』(そうくるとは!)など、いくつかのコーナーに分けて紹介しています。

『魅惑のベニテングタケ』と、これだけ単独のコーナーになっているのはさすがといったところです。
『ここにもキノコが…』のコーナーにはビートルズの切手が展示されていたのが謎でしたが、マッシュルームカットだからのようです。

全部で800点くらいの切手があるとのことで、じっくり見ても全部は見きれないのですが、「これは!」と思ったものがいくつかありました。
『キノコを知ろう』のツチグリから胞子が噴き出している切手、『いろいろな生え方』の冬虫夏草、シロアリタケ、さらにヤグラタケ(キノコの上にキノコ)まであったのはびっくりしました。
いろいろな地域の切手があるため、なかには見たこともないキノコもあり、アフリカのツチグリなどはちょっと怖かったです。

切手博物館にはミュージアムショップもあり、世界の切手を実際に買うことができます。
今回は展示に合わせてキノコ切手がたくさん売っていました。


ナミビアのシロアリタケ、ベトナムのきのこいろいろ。


使用済み切手を使ったオリジナルポストカード。右のほうは手書きのキノコがかわいいです。

ホームページを見ると、これまでの展示も面白そう。
展示をまとめた書籍を出してくれたらぜひ欲しいと思いました。

N
posted by ベルカ at 18:40| 日記
Powered by さくらのブログ